まずは、一歩踏み出すこと

株式会社エヌリンクス/代表取締役社長   栗林憲介氏に聞く企業物語

 

株式会社エヌリンクス/代表取締役社長 栗林憲介氏 その高い伸び率と社員の定着率で注目されている株式会社エヌリンクス。今回は、同社の代表取締役社長・栗林憲介氏からその起業理念と、これから社会に打って出る若者に向けてのメッセージを伺った。

 

株式会社エヌリンクスは、「最高の『ウェブ×リアル』カンパニーを創造する」というビジョンを掲げ、営業アウトソーシング事業とゲーム攻略サイト「アルテマ」および会話型コマースを活用したお家探しサイト「イエプラ」を主としたメディア事業を運営している。

栗林社長は、大学在学中からベンチャーを立ち上げた人物だが、そもそも何故起業しようと考えたのだろうか。

 

「なんだかおもしろそう」

「私は関西の出身なのですが、通っていた高校は大阪府でも屈指の進学校で、卒業生は軒並み阪大や京大に進学しているようなところでした。そんな高校に通っていたのに、私はなかなか自身の進路を決めることができず2年間もフラフラと毎日を過ごしていました。友人が次々と有名大学に進み、気持ちばかりが焦る中、正月の箱根駅伝を見ていたら、海外の選手を有していた東京の大学が映っており、『なんだかおもしろそう』と思ったことがきっかけで東京の大学への進学を決めました」

こうして東京に出てきた栗林社長の元に、今度は一足先に大学に入り、もう就職活動を始めている同級生たちの近況が伝わってきた。

 

「同窓会に行きたい」

「皆、希望しているところは大手の一流企業ばかりでした。そんな中、私はやっと大学に入り、何歳も年下の人と机を並べている。そこで急に焦りだしたんです。『このままじゃ同窓会に顔を出せないぞ』って(笑い)。それで『こうなったら起業するしかない』と考え始めました。ちょうどその時期、大学が学生ベンチャーを強く後押ししており、一通りの起業ノウハウを学ぶことができたので、あとは商材を決めるだけでした。起業の知識はあっても金が無い。金が無くてもできる仕事はITか営業。だから、営業代行の仕事をしようと決めたんです」

営業の仕事を知るためにアルバイトで入った会社の社長に、起業したいという気持ちを正直に話したら「子会社を立ち上げてやる」と言われた。

 

「自信と裏切り」

「それで始めたのが、当時流行していた不動産を適正賃料にする会社です。それが好調で、簡単に年間3000万の利益が生まれました。そのことで自信がついて、さあこれから、と思っていたら、その社長が3000万を勝手に使って銀座に愛人の店を作っていました。見事に裏切られたわけです(笑い)。ちなみに、私の信念である『全ての従業員を幸せにする』という思いは、この時に生まれました」

営業の自信はついたが、一方で自身の経験値の少なさも痛感した栗林社長は、まずは事業会社での就業経験も必要と考え、大手不動産投資ファンドに入社。1年間の就業経験を積んだ後、リーマン・ショックを機に再び独立・起業に向けて動き始めた。

 

「嬉しい悲鳴」

「以前の仕事のツテで、商材は、ある企業の営業代行と決めていたので、1年間他社で業界のノウハウを学び、その後、双子の弟と、幼馴染の3人でエヌリンクスを立ち上げました。立ち上げてからは、寝食も忘れるほど3人で営業に邁進しました」

その成果は見る間に現れ、1カ月の業績はそれまでの業界水準と言われていた数値を大きく上回り、クライアントに驚かれたという。

「ただ、驚かれたまでは良かったのですが、クライアントから『そんなに業績がいいのなら、もっと人数を増やそう。まずは3人から25人に増やして!』と急に言われまして。でも創業から、まだ2〜3カ月程度ですので、手元に運転資金が無いんです。急いで政策金融公庫に走ったりして、なんとか当座の資金を工面して人数を増やし、気付けば、初年度から1億円の売上をあげることができました。その後は、クライアントから人を増やせという要求に嬉しい悲鳴をあげながら、25人、50人、100人、200人……と倍々に拡大し、その度に必死で乗り越えてきました。創立8年目の今もそれは変わらず、いつも嬉しい悲鳴をあげながら仕事をしています。毎年高くなる壁を人数を増やしながら乗り越えて行っている感じですね」

急激に人員を拡大すると避けて通れないのが新人教育の問題だが、そこでも、栗林社長の独自の哲学が光る。

 

「走りながら考える」

「組織が大きくなっても、それをコントロールしていかなければ意味がありません。拡大するとどうしても目が行き届かなくなって綻びが出てきますので、徹底的に新人教育をやるようにしました」

それが、ひとりひとりに合わせた、研修プログラムの実施だ。

「多くの営業会社が根性論、精神論で育成をしているなか、当社は営業プロセスと従業員のスキルをそれぞれ5段階に分け、各プロセスと各段階に応じた研修プログラムを用意しており、その結果、どんな人でも1カ月で一人前の営業マンにすることができます。生産性を高めるためには、自ら成果を上げられるようにすることが大事です。当社は若い会社なので、上に立つ人間も未熟な者が多い。だからそれをカバーするために、教育をシッカリさせています。それはウチの強みですね」

また、同社では『長所を見る文化』を大切にしている。

「世代が変われば価値観の違いなどは当然あります。しかし、それによって新入社員が言いたいことを言えなかったり、先輩と相談できなかったりして、せっかくの長所が隠れてしまうことは非常に勿体無いことです。だから全力で伝えるし、新人とはいえ容赦はしません」

 

栗林憲介氏から学生に向けて

「本当に成長したいと思うなら」

「本当に成長したい!という気持ちがないと、成長はできない」。若い人に向けてメッセージは、と尋ねると栗林社長はそう答えてくれた。

「当社も散々失敗をしてきました。社内で新事業プレゼンというのをやっていて、企画を出しあっているのですが、そこで出てきてやったことは成功もあるし、失敗も沢山あります。けれど失敗を教訓に試行錯誤してきたからこそ、成長していけたと思っています。成長するためには揺るがぬ目標を設定し、そこに向かって行動しなければいけません。よくメンターが……と言う若い方がいますが、そもそも成長したいという気持ちの無い人にはメンターなんて見つかりません。まずは自分から行動すること。行動して、失敗して、それでも動き続けること。一歩を踏み出す前に考えるのは全くムダなことです」

最後に、もう同窓会には出られますか?と尋ねた。

「いや、まだですね。メガベンチャー企業になるまでは、同窓会に出席するつもりはありません。今年は87人新卒を採用しましたが、当社はまだまだ、成長し続けます」

そう語る栗林社長の熱意が、この会社全体のアツさになっているのだろう、と感じられるようだった。

 

●プロフィール

栗林憲介(くりばやし・けんすけ)氏…代表取締役社長。1983年生まれ、大阪府出身。日本大学商学部卒業。2010年に株式会社エヌリンクスを創業。座右の銘は「かけた情は水に流し、受けた恩は石に刻め」。休日は、仲の良い双子の弟家族と外出をしたりして、まったり過ごす。

 

●株式会社エヌリンクス

〈東京本社〉

〒171-0014 東京都豊島区池袋2-14-8

池袋NSビル5F

TEL:03-5957-2170

URL:http://www.n-links.co.jp/

年商:非公表

従業員数:750名