obi2_column

美食探訪◆串焼き処彩酉 

心残り〟 その一品に魅せられて

◆取材・文:加藤 俊

赤ちょうちん

東京・神田にうまい焼き鳥屋がある。小誌が紹介するのだから、最近流行のべらぼうに高くてオシャレな店構えの店ではない。とはいえ、赤提灯をぶら下げた典型的な焼き鳥屋でもなく、店内には木の温かみあるカウンターとテーブルが並ぶ。

彩酉 2

 

神田駅の西口を出て、徒歩で一分。オフィスビル街の地下にその焼き鳥屋「彩酉」はある。

 

DSC_0407

ここの特徴は、「肉卸問屋直営店だからこそ用意できる鳥の希少部位の数々をお安く提供すること」との店長、浪川歩氏の言葉が全て。

ちょうちん、ふんどし、オタフク、白子、ハラミ、心残り。ここまで希少部位を数多く取り揃えているお店は全国的にも珍しい。

 

彩酉 左から 心残り・まめ(脾臓)・白子・ふんどし(十二指腸)

彩酉 左から 心残り・まめ(脾臓)・白子・ふんどし(十二指腸)

 

おススメは「心残り」。他の焼鳥屋だと「つなぎ」とも呼ばれる部分。鶏の心臓と肝臓をつなぐ大動脈にあたる大変貴重な部位だ。名前の由来も小さすぎて通常他店では使いものにならないから捨ててしまうので、ハツ(心臓)の残り物という意味で「心残り」。

なにせ一本の串に、7~8羽の鳥が必要になるとのこと。その手間がかかる分、非常に美味しい。焼き鳥の希少部位の中でもツウが頼む一品だ。肉卸問屋直営店だからこそ、食べられる珍味。

 

口に頬張った瞬間、プリッとした弾力に驚く。皮に近い感触だが、噛むごとに、たっぷりのった脂が舌全体に溶けて、濃厚なうまみが何度も口に広がる。絶妙な焼き加減。紀州備長炭で焼き上げた串ならではの残香が鼻腔をくすぐり、抜けていく様、そのすべてに虜になる。

 

この一本によく合うのが、芋焼酎「不二世」。濃厚で骨太な味わいを愉しめる芋焼酎だ。ブニセとは鹿児島の言葉で、〝ブ男〟という意味なのだが、これは敬愛の念を込めて、かの西郷隆盛公を指す言葉なのだそうだ。

 

「焼き鳥屋って、希少部位を一本数百円で出すところもありますけど、焼き鳥の魅力って、〝気軽に寄れる良さ〟にあると個人的には思います。仕事終わりに足繁く通ってもらってこそ、焼き鳥屋の意味があるのでは」(浪川氏)

DSC_0406

 

そうしたこだわりが評価されて、最近はすっかり繁盛店に。入店さえ、なかなかできなくなった。

 

「ごめんなさい。今日はもう満席で……」

浪川氏にそう頭を下げられて、「心残り」を食べられない〝こころのこり〟を筆者は数回経験している……。

 

 

※現在、彩酉では、働き手を募集しています。アルバイトは時給1100円~。美味しい 賄い付き! ご興味のある方は、下記℡番号まで。

℡03-3525-4640

 

obi2_column

●串焼き処彩酉(いろどり)

〒101-0047 東京都千代田区内神田3-12-2 萬創神田ビルB1

℡03-3525-4640

店長・浪川歩氏(なみかわ・あゆむ)

 

 

2014年1月号の記事より

雑誌版の購入はこちらから

 

記者が選ぶおすすめ記事

同じお肉を扱うお店ということで。渋谷駅前のペッパーランチは学生時代、本当にお世話になりました!

レストラン「ペッパーランチ」 株式会社ペッパーフードサービス 君は正しく笑えるか!! 次世代型ビジネスモデルと海外戦略でまたまたパワーアップ!?

 

元禄元年(1688年)創業という業界屈指の老舗醤油メーカー。落語ネタを交えながらの記事。

柴沼醤油醸造株式会社 「世界基準の万能調味料」

 

映画『寅さん』のモデルになったお団子屋さん。柴又の再生を語る。

髙木屋老舗 「地域振興は〝おバカさん〟が旗を振れ!? 」

 

東北では知らない人のいない、東北人のソウルフード! クセになるお煎餅。

酒田米菓株式会社 「他に無いモノを作れ!会社のDNAで未来を突破せよ 」