本稿は、去る2月6日に行われた「プロフェッショナルの日」制定イベント

http://www.biglife21.com/companies/17694/

のパネルディスカッションから切り出して編集したものです。今回は渋谷雄大さんへの質問を通して、伝道のプロフェッショナルとは何かを明らかにしていきます。

渋谷雄大氏

 

岡本:渋谷さんは、鍼灸師の資格を取られスポーツトレーナーとしてキャリアをスタートされました。しかし、技術の向上のためオーストラリアへ留学された際、現地のホストファミリーの方々の家族を大切にする生活観や人生の送り方に感銘を受け、家族を大切にするライフスタイルについて開眼。主体的にワークライフバランスをコントロールできるプロのエバンジェリスト(企業の商品サービスの価値を伝道する)となって、サイボウズ等4つの会社の名刺を持って活躍されています。

株式会社みらいワークス 代表取締役 岡本祥治氏

 

プロフェッショナルとは何か、どうしたらプロになれますか?

渋谷:社会人になって一定のスキルを蓄積すると仕事の準備をしなくなる人が多くなってきたとすごく感じています。プロと思える方は何かに取り組むとき、どんな場合でも必ずしっかり準備し、かつ準備し続けられる。そして、相手の期待を常に越えようとして誠実に努力されている方がプロになれると思います。

 

この人はプロだと思う人は?

渋谷:スポーツ業界にいてテニスのトレーナーをしていたころの話になります。2006年に日本で一番大きなテニスの大会にスイスのフェデラー選手が出場するタイミングがあり、トレーナーとして関わらせて頂いたことがあります。フェデラーと言えばウィンブルドンで5連覇を達成しているほどの、プロ中のプロです。彼を見ていて気付いたのは、試合に向けて足首をテービングでガチガチにまいているのですね。

 

それが、別に今現在大きなケガをしているわけでもないのに巻いている。最近、錦織圭が全豪オープンの時にベスト8進出したあとに、太ももの怪我で途中棄権するといったケースもありましたが、テニスの選手はケガとの戦いでもあります。ケガで戦線離脱してしまうと、ランキングが大きく下がってしまいます。
フェデラー選手の場合は、足首を固定することで動きにくくなるデメリットがありながら、それ以上に怪我をせずに勝ち続けるための準備を常にしていた。そういう姿に共感するとともにこの人はプロだなと思いました。

 

岡本:なるほど。ところで渋谷さんとしては勝ち続けるために何をされていますか?

 

渋谷:(笑)私は様々なプロダクトのエバンジェリストとして、製品の価値を伝えるセミナーを数多く実施します。伝える内容は毎回ほぼ同じでないといけないこともあるのですが、毎回レベルアップできるように、よりよくするために資料に細かく手を加え、少しずつ変えていくなどの努力はもちろんしています。

 

さらに最近では、演劇を観に行くようになりましたね。話すときに演劇の要素を加えると、セミナーをやるときに、プラスワン要素として、表現力や説得力が増したりします。なので、時間を見つけては演劇を観に行っています。

 

岡本:消化試合はみたいなものは一切ないと?

渋谷:その考えは非常に嫌ですね。ひとりひとり、来てくれる方が毎回、毎回違うから。

 

プロになるため心掛けたことは?

渋谷:自分の場合はプロになりたくって進んできたわけではないですが、目の前、目の前の決断で、楽しくって、なおかつ大変そうな道を選び続けてここに来ています。さきほどの準備もそうですが、期待に応えたいとずっと考えてきて、それを続けた結果今ここにいるという感覚がありますね。

 

岡本:しっかり準備し、期待に応えたい。期待に応えることを目標にしながら活動されているということですね?

 

渋谷:毎回、こういう要素を入れたら皆さん興味が湧くだろうなとかを考えますね。ここで、あまり言いすぎると期待値を上げて後で辛くなるんですが(笑)、これでいいだろうという妥協はあまり考えないようにしています。

 

プロになれる人の傾向は?

渋谷:プロと言うとその道一筋というイメージを持つ方も多いと思います。ところが私は、何かの道を一直線というわけでなく、人生の中で方向性が結構ブレていました。しかし、ブレブレで来ていても良くて、それらの経験がだんだんとミックスされたものとして自分のプロの道ができていっています。そこに掛け合わせて「知的好奇心」、「自発的に動ける」という要素がプロとして圧倒的なポイントになると思います。言われなくてもどんどん勝手にやる人、動ける人がプロになれると思います。

 

失敗体験はありますか?

渋谷:年140回くらいはセミナーをやるのですが、ある300人ぐらいの会場でセミナーをやっていたときのこと。お客様の手ごたえがまったく感じられないということがありました。そのときはほどほどの準備で大丈夫だろうと思っていたのでしょう。天狗になって、奢ったタイミングがあったのです。

 

岡本:何が普段と変わっていたと思われますか?

渋谷:自分も感情が乗っていない。感情が入ってなかった。だから、全然お客様からの反応がなかった。
こういう体験は二度としたくないので、毎回のレベルアップを強く心掛けているという先ほどの話に繋がりますね。

 

渋谷雄大氏 中央

 

渋谷 雄大 (しぶや ゆうだい) ※伝道のプロフェッショナル

株式会社MOVED 代表取締役。サイボウズ株式会社 エバンジェリスト。1986年生まれ。東京メディカルスポーツ専門学校 鍼灸科卒業後、オーストラリア・シドニーで鍼灸師・スポーツトレーナーとして活動。帰国後、独立・創業などを経て、ICTコミュニケーションズ株式会社にてIT業界へとキャリアチェンジ。ITサービスの導入・活用研修や資格試験の設計などを経験。2015年よりサイボウズ株式会社 kintoneエバンジェリストとして、年間140回を超えるセミナー・講演活動を担当し、kintoneの認知拡大・ユーザー数増加に貢献。2018年に株式会社MOVEDを設立。